波動を上げる③南相馬市「円明院」

福島県の南相馬市に天台宗のお寺で円明院という寺があります。今回の「波動を上げる」は、その円明院です。円明院には今まで何回か訪れていますが、常にパワースポットの話が出ます。住職曰く、アメリカアリゾナ州の「セドナ」を超える、世界最大のパワースポットが円明院ということです。新聞や雑誌、テレビなどでも紹介されていましたので、震災前などは観光バスも乗りつけてきたくらい多くの人が運気を上げるために訪れていた場所です。いい陽気になってきたので久しぶりに訪ねてみました。

円明院は、29代目「泉 智教(いずみ ちきょう)」住職と天台宗京都大原三千院で修業をした息子さんが副住職のお寺です。親子でお経を唱える声は、お堂の空気が大きく揺さぶられ高い波動を発します。念の入った唱えでお経をあげてくれます。

最近、永代供養塔ができたと新聞に載っていたので、それを見るのも今回の参拝の目的でした。近年は、時代なのか、墓守をする人がいない方や墓終いをされる方も増えてきて、永代供養も需要が高まるでしょう。年間5,000円という格安な料金で永代供養をしてもらえます。

円明院には奥の院という場所があります。住職の講話を聞いた後はその奥の院まで自由に登ることができます。その途中、木々の間にロープが結わいつけられてあり、そのロープに鈴が付いています。運がいいとその鈴が鳴っているのを目にすることができます。毎回見れるわけではありませんが、鈴が揺れ音を出しているのが見れるのです。もちろん、地面が振動して揺れているいるわけではありません。磁場エネルギーと天(宇宙)からのエネルギーの高揚で起きる現象です。磁場エネルギーが高いだけでは起きません。下と上のエネルギーの高まりが鈴鳴りで確認できる現象です。

奥の院までの途中、展望台から見える光景がまたいいですね。海が一望できます。原発から19Kmの地点とは思えない景色です。世界一のパワースポット「円明院」の奥の院入口展望台からの光景です。

行く機会あればがぜひ一度行ってみてください。そして住職の講話を聞いてきてください。なかなか行けない、住職の講話を聞けない人には、泉住職初めての書き下ろし、「奇跡の寺の教え」を一読してみてください。何か生きるためのヒントのようなものを見つけることができるかもしれません。やはり住職がいうのも、波動をいかに上げるかだということです。

泉住職サイン入りをいただいてきました。「人生とは運気をどう上げて、運のある人生をどう生きるかである」著書より。