ニュースキャン手順の流れ

ニュースキャンは、身体の約630箇所の部位をスキャニングできる機械です。スキャニングする部位に関しては、初回の場合、身体全体のストレス度合いをチェックしやすい部位を中心にスキャニングいたします。また、初回、二回目以降にかかわらず、スキャニングの前にカウンセリングを行います。

カウンセリング

カウンセリングが終わったら部位を選択してスキャニングします。選択箇所数にもよりますが、スキャニングしている時間は2~3分です。ヘッドホンから音が聞こえるわけではありません。1~9Hzの人間の可聴範囲外の周波数が音波として流れます。スキャニングが終わったら、ストレス度合いをチェックシートをもとにご説明いたします。

スキャニング

スキャニング後、その部位固有の周波数を音波で送る波動調整を行います。この調整時も音が聞こえるわけではありません。調整中は、不思議と眠気が出たり、身体が温かくなってくるのを体感できます。スキャニング部位すべてを複数回波動調整します。調整時間はスキャニング部位数により異なりますが、15分程度です。部位数が増えれば調整時間もそれに比例して長くなります。

波動調整

波動調整が終わったら結果を比較します。スキャニング時のストレスがどの程度変化したかを確認します。