段階的波動発生装置 “AWG” と “ソマチッド”

AWG(エーダブルジー)という波動機がどういう機器なのかを知る上で、必ず出てくるのが「ソマチッド」という言葉です。このソマチッドとは、フランスの生物学者「ガストン・ネサン」という人が発見した有機小体で、すべての動植物、そして土や石の中にもいる極微小な生命体のことです。通常の電子顕微鏡では確認することができない、細胞よりはるかに小さい生命体といわれています。これをガストン・ネサンは、超光学式顕微鏡(ユニバーサル・マイクロスコープ)で発見しました。そして、ヒトの血液中にも存在し、赤血球を介して出現し、生命の営みに深く関与しているということをつきとめたのです。細胞中にいる共生微生物が「ミトコンドリア」、血液中にいる共生微生物が「ソマチッド」。この二つの微小生命体が互いに綿密に情報交換をしているのです。

ソマチッドは、それぞれ異なる働きをして、それぞれ異なる周波数によってエネルギーを得ることがわかってきました。心臓なら心臓、肝臓なら肝臓、固有の周波数に共鳴したとき活性化します。その臓器の固有周波数の正確な波動(振動)が当たると、ソマチッドはもとに戻って(恒常性を発揮して)活性化し始めて修復能力を高めます。その波動がソマチッドの動きを活発化するのです。その流れを簡単に表すと、

①固有波動(周波数、振動)の共鳴→②ソマチッドの活性化→③恒常性の亢進→④正常機能の回復→➄病気の治癒

という流れです。

また、このソマチッドが共鳴する周波数は、その人の「感情」が発する周波数にも共鳴します。「悲しみ」「不安」「怒り」「憎しみ」などの「負(悪い波動)」の周波数にも共鳴し、「楽しさ」「感動」「やさしさ」「あたたかさ」などの「正(良い波動)」の周波数にも共鳴します。人の思い、感情など思考にも周波数はあり、ソマチッドはその周波数にも共鳴して身体の営みの根幹にかかわっているのです。

AWG

松浦優之博士とAWG開発

松浦優之(まつうらゆうじ)博士。AWGを開発した日本の獣医師です。松浦博士は、1971年、哺乳動物のクローン技術を学ぶために、カナダのバイオ・テクノロジー会社に留学しました。そして、哺乳動物のクローン技術を学ぶ過程で、「流産の原因にウイルスやバクテリアが介在している」ことに気づきました。そのバクテリアに共鳴する波動(周波数、振動)を与えることで、バクテリアを物理的に減退、減滅させることをつきとめたのです。その研究は、アメリカの細菌学者「ロイヤル・レイモンド・ライフ博士」の技術を再現するものでした。そして、AWG開発の研究は、以後25年にも及びました。

1~10000ヘルツの周波数を丹念に1つずつかけていくという気の遠くなるような作業を繰り返し行ったといわれています。結核菌や大腸菌などを使って、周波数と生命活動の関係を研究し続け、10000種類の中から69種類の、生命体に有用で画期的な周波数を特定することができたのです。そのようにして電子波動照射器AWGは開発されました。

松浦博士は取材記事の中で、「哺乳類の体内に生まれたがん細胞に対し、マイナス電流を帯びた素粒子の波動の束を体外から照射すれば、どうなるか。これが『AWG』開発の原点にある考え方だ。人体を蝕む疾病という物を、遺伝子だの染色体だのというレベルから、さらに微小の世界に分け入って追及した。ウイルスというものを、原子核と電子の領域で捉えたのだ。」と書籍(AWGは魔術か医術か?)の記事の中で語っています。

癒しの素粒子

マイナスイオン化した電子の素粒子を出すAWGは、推定毎秒625万兆個、2つの電極パットの間を毎秒250万回往復し、縦の波動運動を毎秒1万回反復しこれを持続します。機械にコード番号を設定すると、そのコードにより照射時間が決められ、3分おきにプログラムされた波動が流れ、身体全体に癒しの素粒子が行きわたります。この電子ソフトエレクトロンは、人間の感情や想念がつくりだすネガティブ・エネルギーに共振・共鳴させ、「病は気から」の根本を正していきます。

「AWGは魔術か、医術か?」の著書の中でその著者、俊成正樹 氏はこう言っています。“もしかすると、「AWG」は近未来の医術かもしれない。過去から未来にやって来て急速に現代化しつつある医術とでも言おうか。末期肝がん、肺がん、胃がん、大腸がん、骨がん、重度筋無力症、脳梗塞、乳がん全摘、神経膠膜、心疾患、関節リウマチ、くる病、腰痛、神経痛、水虫、白血病、腓骨粉砕……本書に登場した難治症例と、「AWG」照射の結果は、「痛みなし、手術なし、注射なし、投薬なし」のすぐれた実用効果を示している。”と。約400種類の病気に対してのコードが設定できる波動の機械がAWGです。

バイタルLab.施術スペース

※当所ではAWGを腰痛、ひざ痛、関節痛などの痛みの緩和に使用しています。それ以外の疾病に使用希望の方は、機械の操作をセルフでお願いしています。

※AWGの使用に際しては、大パットと中パットをそれぞれ1枚ずつ購入していただきます。販売金額は1組7,000円(税別)です。

AWGパット

お試しの方には、1回500円(税別)でパットをレンタルしています。

AWG 60分 3,500円より